バレエ向きの体でしょうか?

♦バレエ向きの体でしょうか?♦

#9.バレエ向きの体でしょうか?


 バレエでずば抜けた成績を出すダンサー達が、
飛び抜けてバレエに向いた

骨格をしているのか?というと、

意外とそうでもなかったりします。(日本人の場合です。)

{7816714D-DB31-4F3A-A7D3-51A58B81FCE6}

海外の、いわゆる有名バレエ学校では、

入学時に骨格や音感などの

審査があるのに対し、

日本ではそういった審査がほぼない。

という理由もあるかもしれませんが、

特に日本で育ち、海外で活躍する

ダンサー達の中には、

メディカルチェックで調べると、

一般的。あるいは、少し踊りにくいかな?

そんな骨格の方も少なくありません。

ただ、飛び抜けてすごいなと感じるのは、

やはり筋肉量

この夏は海外で活躍中のダンサー達が

来院される事が多かったのですが、

画像にうつる筋肉の厚さが、

ものすごく発達しています。

お腹周であれば、内臓はどこへ行ったの?と、思うほど。

特に最近、バレエの骨盤コントロールで注目されている筋肉の筋肉量が、やはり全然違います。

(骨盤コントロールで注目されている筋肉に関しては、また後ほど)

プロとして舞台に立つのであれば、

骨格などの生まれ持った要素も

全く関係ないわけではありませんし、

一定の基準を満たさなければいけない場合が多いですが、

もっと上手く踊りたい。

テクニックができない。という時、

生まれ持った要素の影響よりも、自分でなんとかできる要素の方が大きな影響がありそうだなと、

そんな事を思っています。

 


 

執筆
◊女医リーナ◊

♦日本医師会認定健康スポーツ医
♦リハビリテーション科専門医
♦NPO法人vifleur~舞台医療推進機構
理事長

解剖学から考える上達のヒント
記事一覧

#1.なぜ、バレエでは「内もも」なのか?
#2.「軸足もターンアウトして下さい」を、解剖学的に解説
#3.バレエを習う日本人の足は、細い件
#4.バレエだって進化する
#5.バレリーナの理想の脚と反跳膝
#6.膝を押し込まずに脚を伸ばす
#7.プリエが出来るのは100人に1人〜YAGP振り返り〜
#8.YAGP審査員の嘆き
#9.バレエ向きの体でしょうか?
#10.扁平足に悩む前に
#11.これも大事なバレエ筋!
#12.図解!バレエ筋
#13.ジャンプの着地、足にかかる力は体重の何倍?
#14.アンディオール と内くるぶしの痛みの、深い関係
#15.コレは分かりやすい! 腱の痛みはこうして作られる。
#16.その柔軟は、ちょっとおしい!
#17.バレエ上達の裏口
#18.バレエボーイズの手首のケガ(パ・ド・ドゥ編)
#19.アンディオールにまつわる重大な誤解
#20.バーを握りしめないで!の意味
#21.すらっと引き締まったバレリーナ脚の秘密

 

女医リーナのその他の記事

Ballet troupe

劇団

その他情報はありません

セミオーダーレオタード

組み合わせは無限大!
セミオーダーメイドはこちら。

  • No.2
  • No.3
  • No.6
  • No.9

RANKINGランキング

1

バレエのケガ・オンライン診断

2

Helvetiaの海外サポート

3

長末春さんから近状報告を頂きました!2019/4/1

4

プロになるダンサーの共通点

5

やせすぎ禁止!ローザンヌ国際バレエコンクール

6

プリマになる1%のダンサーの習慣

7

Youth Dream Support Project/A Project Fukuoka

8

上達するレッスンの受け方とは?