これがきっかけで、コンサルテーションをはじめました。

これがきっかけで、コンサルテーションをはじめました。

 


「え!そうだったの?!」

というきっかけなのですが、、、

「外来で診察してほしいです!」とご連絡をいただいた方に、

外来診察ができなかったからです。

私の病院は、外来がありません。(入院のみの対応です。)

つまり、入院していただかないと、私が診察させていただくことができないのですね。

ということで、ご依頼をいただいた時

「ちょっと難しいかな、、、」

と、思いかけたのですが、

いやいや、

この日本に「スポーツドクターで、リハビリドクターで、バレリーナって、、、やっぱり私だけやん⁉︎」

バレエの動きや、ケガをした時の辛さを知っていて「綺麗に踊る」ところまでの道筋をたてられるドクターって、他に出会ったことがないし!」

「ケガで辛い思いをするバレリーナに、復帰までのの道筋をお伝えして、なんならケガする前より上手くなって、元気に復帰してもらいたい!

でも、そこには、医療法やら医師法やら、、、

大きな壁がありました。

例えば

「往診は、半径16㎞までしかダメですよ」 

「診察は、診察室あるいは個人宅ではないとしてはいけませんよ」などなど。

初のご依頼は、京都から。

そもそも「半径16㎞をはるかに超えている」という問題が、、、

でも、それが理由でお断りするなんて!

ということで、生まれたのが、このコンサルテーションなのです(*´▽`*)

「どんなことをしているの?」というお問い合わせをいただきましたので、

次回は、コンサルテーションの内容をご紹介!させていただきます♡

 

 

女医リーナのその他の記事

Ballet troupe

劇団

その他情報はありません

セミオーダーレオタード

組み合わせは無限大!
セミオーダーメイドはこちら。

  • No.2
  • No.3
  • No.6
  • No.9

RANKINGランキング

1

バレエのケガ・オンライン診断

2

Helvetiaの海外サポート

3

長末春さんから近状報告を頂きました!2019/4/1

4

プロになるダンサーの共通点

5

やせすぎ禁止!ローザンヌ国際バレエコンクール

6

プリマになる1%のダンサーの習慣

7

Youth Dream Support Project/A Project Fukuoka

8

上達するレッスンの受け方とは?