リハビリは、術前も⁉︎

リハビリは、術前も⁉︎


 

びっくりされることも多いのですが、
術前からリハビリする病院も増えてきました。

 

術後翌日からと思いきや、術前からリハビリとは、時代も進んだものです。
術前に、何をするの?

 

と、思いますよね?
術前には、ベッドで安静にしていると落ちやすい筋肉を、鍛える方法をお伝えします。
術前からムキムキ鍛えるというよりは、
術後にもベッド上でできるトレーニングをお伝えして、術後すぐにご自身でできるように、術前からお伝えしておく。
というイメージが近いです^ ^

 

実は人間の筋肉って、1日動かさずにいると、5%前後も減ると言われているのです…>_<…(ただしこれは、座ったり寝返ったりもしない場合のデータです。麻酔が覚めてから、寝返るなどをして少しでも動くことができる場合は、こんなに落ちることはないのでご安心を!)
動かす方が良いと分かっていても、手術するところはなかなか動かすことができない。どう動かせば良いかわからない。

 

だからこそ、私たちリハビリの出番なのです!
手術する部分に負担をかけず、こうやって動かしてね!と、お伝えしています。

 

例えば、三角骨障害の手術の場合
術後のプランク(医学会ではフロントブリッジと呼ぶことが多いです)は
{2746D4B1-BF0D-4198-A2BD-3C5253DC55BE:01}

膝をついて、足首の下にタオルなどを丸めてすれば、足首に負担がかからずにすることができます。

(お尻が天井側に出てしまったり、逆に床につきそうだったり、、、ということもあるので、このやり方で良いか?担当の療法士さんに1度見てもらうことも、おすすめです。)
ギプスがはずれてからは、
{9A271C87-097A-4DBE-8222-DA7B9C71C2BC:01}

このように、かかとと足指の付け根をピタっと床につけたまま、土踏まずを持ち上げるトレーニングもバレエ復帰のために効果的!(上・土踏まずを持ち上げる前/下・持ち上げた後)

こんな簡単なトレーニングでも、
しているのと、しないのでは、
復帰のしんどさは、ものすごく変わってくるのです!
これから手術を控えた方、
術後に何をするか迷っている方、
参考になさって下さいね!

コンサルタントの依頼はこちら


 

執筆
◊女医リーナ◊

♦日本医師会認定健康スポーツ医
♦リハビリテーション科専門医
♦NPO法人vifleur~舞台医療推進機構
理事長

リハビリ
記事一覧

#1・ケガ後の過ごし方
#2・手術にまつわるQ&A (手術後3〜4日)
#3・手術にまつわるQ&A (術後1週間)
#4・リハビリは、術前も⁉︎
#5・手術直後、復帰のためにできる2つの事
#6・湿布でアイシング⁈

 

女医リーナのその他の記事

Ballet troupe

劇団

その他情報はありません

セミオーダーレオタード

組み合わせは無限大!
セミオーダーメイドはこちら。

  • No.2
  • No.3
  • No.6
  • No.9

RANKINGランキング

1

バレエのケガ・オンライン診断

2

Helvetiaの海外サポート

3

長末春さんから近状報告を頂きました!2019/4/1

4

プロになるダンサーの共通点

5

やせすぎ禁止!ローザンヌ国際バレエコンクール

6

プリマになる1%のダンサーの習慣

7

Youth Dream Support Project/A Project Fukuoka

8

上達するレッスンの受け方とは?