バレエの世界は美しくもアンフェアである

世界はアンフェアである
[メンタルから考える上達のヒント#12]

アンフェアとも言いますし、

みんな違うだけとも言います。

学生時代は、よく考えていました。

◯さんは、甲が出るから。

◇ちゃんは、脚が長いから。

▽ちゃんは、体が柔らかいから。

だから、そうじゃない私は、

色々できない事があるのだと。

「やっぱり、向いてないんだわ。」と、

わりと本気で思っていました。

みんなの得意を合わせれば、

「そりゃ、かなわないよね。」と、

今ならそう思うのですが。

{823EE74B-DFA1-42A2-BE03-F17F5ABDB21C}

そして、この思考でいる限り、

勝手に比べて、勝手に落ち込む状況は、

面白いくらいに、いつまでも続くんですよね。

だって、そもそも世の中みんな違うから。

誰かの苦手は、誰かの得意だから。

それをアンフェアだと捉えれば、

世界はアンフェアに満ちあふれているし、

みんなが違うだけで、

「自分が嫌だと思っている自分の特徴に、

実はすごく憧れる人もいるものだ。」

と、気がつくと、

アンフェアな世界も、

個性溢れる面白い世界

見えてくるものかもしれません。

比べてもしょうがない。

違いを言い訳にしても、

何も解決しない。

だって、そもそも違うから。

それが世の中だから。

そうであるならば、

世界をそのまま受け入れて、

比べず、言い訳せず、

自分のしたい事に没頭すれば、

アンフェアな世界で、

力強く、自分の生きたい人生を

歩む事ができると思うのです。

まぁ、人間なので難しい時もありますが、、、

でもやっぱり。

いや、だからこそ、

腐らず、凛としている人って

とっても素敵だ♡

 


 

執筆
◊女医リーナ◊

♦日本医師会認定健康スポーツ医
♦リハビリテーション科専門医
♦NPO法人vifleur~舞台医療推進機構
理事長

メンタルから考える上達のヒント
記事一覧

#1・上達する人バレエダンサーがサラッとしている事
#2・上達するレッスンの受け方とは?
#3・「習慣を変える人」の共通点~ダイエットパラドックス~
#4・◯◯しないと、やる気スイッチは入らない?
#5・やる気スイッチ、ここにあり!!
#6・バレエの道に迷った時
#7・バレエ仲間って、すごいのよ!
#8・「しかし」の後こそ、大事です!
#9・プロになるダンサーの共通点
#10・病院で、バレエファンが生まれた理由
#11・感動は理論に勝る
#12・バレエの世界は美しくもアンフェアである

 

女医リーナのその他の記事

Ballet troupe

劇団

その他情報はありません

セミオーダーレオタード

組み合わせは無限大!
セミオーダーメイドはこちら。

  • No.2
  • No.3
  • No.6
  • No.9

RANKINGランキング

1

バレエのケガ・オンライン診断

2

Helvetiaの海外サポート

3

長末春さんから近状報告を頂きました!2019/4/1

4

プロになるダンサーの共通点

5

やせすぎ禁止!ローザンヌ国際バレエコンクール

6

プリマになる1%のダンサーの習慣

7

Youth Dream Support Project/A Project Fukuoka

8

上達するレッスンの受け方とは?