上達するレッスンの受け方とは?

上達するレッスンの受け方とは?

[メンタルから考える上達のヒント#2]

舞台裏の寒さと
そこから眺める客席と
本場前のキリッとした空気感が
やっぱり好きだなぁと、
ここに立つと思います。
(舞台から撮影できず、客席から撮りました( ;∀;))
先週末はセミナー講師をさせていただきました。
 
最近つくづく思うのが、
「問い」の質が変われば、「得るものが何倍にもかわる」
ということです。
例えば、「私も分かりやすいセミナーを開催したい!」と、1年前の私は思っていました。
 
その時得られたものは、
 
セミナーの内容と、「この先生の講義はわかりやすいな!すごいな!」
 
という感想でした。
でもしばらくして、「内容が分かりやすい講師の話し方って、どんな話し方だろう?」という「問い」を持ってセミナーを受講しはじめると、
 
「間の使い方が上手だな。抑揚のある話をされるな。パワーポイントもわかりやすいな。」
ということを学びました。
 
さらに自分でもセミナーを開催させていただくようになると、
 
「分かりやすい話し方をされる講師は、どれだけ間をおいて、どの文脈で声を大きくするのだろう?パワーポイントの字の大きさは?、、、」という、
 
より具体的な「問い」をもって観察するようになり、
 
自分のセミナーも少しずつ変わってきたように思います。
実はこれ、ダンスのレッスンでも同じことかもしれません。
「たくさん脚をあげたい」という思いがある時、
「どうすれば脚が上がるかな?」という
「問い」を持ってレッスンに臨む人、
さらには、「脚があがるためには、どこを柔軟体操で柔らかくして、
どこに力を入れるんだろう?そのためには、どんなストレッチを、どれくらいすれば良いんだろう?」といった具体的な「問い」を持って臨む人、
身につくものの違いは、きっと大きくちがうのだろうな。と思うのです。
昔、舞台前に、
「考えて踊りなさい!」と先生に何度も注意され、
「こんなに、上手くなりたいって思っているのに、なんでそんな事言うの?」
と、悲しく情けなくなったことを思い出します。
「上手くなりたい!」ではなく、
「どこをどうしたら、できるようになるか、具体的な方法を、探してごらん」
先生は、そう教えて下さっていたのではないかなぁと、
受講者さんの質問にお答えしながら、思うのでした。
 

 


 

執筆
◊女医リーナ◊

♦日本医師会認定健康スポーツ医
♦リハビリテーション科専門医
♦NPO法人vifleur~舞台医療推進機構
理事長

メンタルから考える上達のヒント
記事一覧

#1・上達する人バレエダンサーがサラッとしている事
#2・上達するレッスンの受け方とは?
#3・「習慣を変える人」の共通点~ダイエットパラドックス~
#4・◯◯しないと、やる気スイッチは入らない?
#5・やる気スイッチ、ここにあり!!
#6・バレエの道に迷った時
#7・バレエ仲間って、すごいのよ!
#8・「しかし」の後こそ、大事です!
#9・プロになるダンサーの共通点
#10・病院で、バレエファンが生まれた理由
#11・感動は理論に勝る
#12・バレエの世界は美しくもアンフェアである

 

女医リーナのその他の記事

Ballet troupe

劇団

その他情報はありません

セミオーダーレオタード

組み合わせは無限大!
セミオーダーメイドはこちら。

  • No.2
  • No.3
  • No.6
  • No.9

RANKINGランキング

1

バレエのケガ・オンライン診断

2

Helvetiaの海外サポート

3

長末春さんから近状報告を頂きました!2019/4/1

4

プロになるダンサーの共通点

5

やせすぎ禁止!ローザンヌ国際バレエコンクール

6

プリマになる1%のダンサーの習慣

7

Youth Dream Support Project/A Project Fukuoka

8

上達するレッスンの受け方とは?