そこが盲点!ダイエットの落とし穴〜そんなに嫌いにならないで〜

そこが盲点!ダイエットの落とし穴〜そんなに嫌いにならないで〜

 


 
こんばんは。スポーツドクターのさやかです。
実はまだ続きがありました、「ダイエットの落とし穴③」です。
 
① そこが盲点!ダイエットの落とし穴 ホルモン編
② そこが盲点!ダイエットの落とし穴 だから体重が減らない編
最近バレエに関する面白い論文をたくさん発掘し、
ザックザク読み進め、夜にはガス欠です(°_°)
頭を動かすにも、糖分というガソリンが必要❤︎
という名目で、アイスと仲良し(≧∇≦)
頭もさることながら、体も、動かすにはガソリンが必要です。
もちろんダンスにも、ガソリンが必要。
体がガス欠になると、どうなるか?
「脂肪燃焼して、いいじゃない!」
そうですね( ^ω^ )、、、、
でも、「脂肪は◯◯がないと上手く燃焼しません。」
ということは、医学を勉強してから学びました。
 
○○って何だと思いますか?
 
実は○○って、「糖分」なんです!
 
脂肪と糖分はバレリーナ体型の敵!
 
アンチおやつ!と思っていたので、目からウロコがどっさり落ちました。
糖分は、糖尿病やら太るやらと悪者にされがちですが、
実はこんな所で健気に働いてくれていたりして、
 
実は良い所もあるんです(*´ω`*)
要は程度の問題。なんですね~。
 
(もちろん、食べ過ぎると脂肪に変身して蓄えられます。)
そして、更にガソリンが足りない状態で踊っていると、、、
怖いことに、筋肉がなくなってゆきます(°_°)
背筋つけるよー!腹筋つけるよー!
とがんばって筋トレしても、
筋トレのガソリンとして筋肉が壊れてゆくという。
筋肉にとって、逆のことをしてしまっております。
スラっとしていると、キレイに見えます。
でも、細いバレリーナ達の中でも際立って細い子達の中に、この状態になっている方が、少なからずいらっしゃるんですね。
 
がんばることは大事。
でも、「細くても上手くなれない」境界を知ることも大事。
「キレイに楽しく、踊りつづけてね。」
電車に揺られる練習帰りのバレリーナを見ながら思うのでした。

 


 

執筆
◊女医リーナ◊

♦日本医師会認定健康スポーツ医
♦リハビリテーション科専門医
♦NPO法人vifleur~舞台医療推進機構
理事長

 

 

Ballet troupe

劇団

その他情報はありません

セミオーダーレオタード

組み合わせは無限大!
セミオーダーメイドはこちら。

  • No.2
  • No.3
  • No.6
  • No.9

RANKINGランキング

1

バレエのケガ・オンライン診断

2

Helvetiaの海外サポート

3

長末春さんから近状報告を頂きました!2019/4/1

4

プロになるダンサーの共通点

5

やせすぎ禁止!ローザンヌ国際バレエコンクール

6

プリマになる1%のダンサーの習慣

7

Youth Dream Support Project/A Project Fukuoka

8

上達するレッスンの受け方とは?