上達する人バレエダンサーがサラッとしている事

上達する人がサラッとしていること

一昨日、バレエ・ダンサーに関する打ち合わせをしていました。
「踊ることが大好きなら、ケガで諦めることなく、痛くて踊りを嫌いになることなく、だから上達できないと悲しくなることなく、ずーっと躍り続けてほしい」
分野は違えど、同じ思いを持つ方との時間は、本当にパワーをいただけます。
そして、それぞれの技術と経験が混ざり合うことで、あ!そんな方法!そこなんだ!
気づきと新たな方向性が見えてきて、次の一歩をどう踏み出すか?
クリアになってくる感じが心地よいです。
出会えたこと、同じお時間を共有させていただいたこと、とってもありがたいです*・゜゚・*:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. ・*

昔、バレエで伸び悩んだ時期にできていなかったことがありました。
 

 
それは、
やってみること。
何を?
というと、
レッスンでいただいた注意を、です。
「へー、そうなんだ。」
「ここを使えばいいんだ」
「なるほど、分かりやすい!」
頭で理解して、満足して、終了。
「私、頑張った」満足感はありました。
でも、なかなか上達しないんですね。
同じ頃、子供のクラスのアシスタントをするようになり、気づくことがありました。
上手くなる子は、

その場で直す。すぐに直す。ずっと直す。
これ、先生に促されて直すのではなく、
すぐに自分から直すんですね。
そんな子は、はじめはヘタッピでも、本当にぐんぐん伸びていく。
でもこれは、バレエに限ったことではなかったんです。
研修医を指導するようになり、変えてみたら?とアドバイスした結果、ちょっと違っていても、変えてくる子は、すぐに伸びる。
「これは絶対に覚えて!」
覚えられなくても、覚える行動をした子はひとり立ちが早い。
「すれば良いと知っていること」
「すれば良い事をすること」って、
雲泥の差なんだなぁと、子供達や後輩達を見ていて実感します。
まずは、「行動すること」をやってみなくては!ということで、打ち合わせででてきたアイディアや課題達は、今日から行動に転換です(o^^o)
動くから見える景色、分かることがあるんですね。
そんな景色を想像しながら動いていくのは本当に楽しい(^∇^)
みなさんも、このブログで「あ、これ使えるかも!」と思っていただけるものがもしあれば、是非「やってみて」、みなさんの上達のための材料にしちゃって下さいね^ ^

オンラインでダンサーのケガやダイエットなどのサポートをしています。
詳しくはこちら


 

執筆
◊女医リーナ◊

♦日本医師会認定健康スポーツ医
♦リハビリテーション科専門医
♦NPO法人vifleur~舞台医療推進機構
理事長

メンタルから考える上達のヒント
記事一覧

#1・上達する人バレエダンサーがサラッとしている事
#2・上達するレッスンの受け方とは?
#3・「習慣を変える人」の共通点~ダイエットパラドックス~
#4・◯◯しないと、やる気スイッチは入らない?
#5・やる気スイッチ、ここにあり!!
#6・バレエの道に迷った時
#7・バレエ仲間って、すごいのよ!
#8・「しかし」の後こそ、大事です!
#9・プロになるダンサーの共通点
#10・病院で、バレエファンが生まれた理由
#11・感動は理論に勝る
#12・バレエの世界は美しくもアンフェアである

 

女医リーナのその他の記事

Ballet troupe

劇団

その他情報はありません

セミオーダーレオタード

組み合わせは無限大!
セミオーダーメイドはこちら。

  • No.2
  • No.3
  • No.6
  • No.9

RANKINGランキング

1

バレエのケガ・オンライン診断

2

Helvetiaの海外サポート

3

長末春さんから近状報告を頂きました!2019/4/1

4

プロになるダンサーの共通点

5

やせすぎ禁止!ローザンヌ国際バレエコンクール

6

プリマになる1%のダンサーの習慣

7

Youth Dream Support Project/A Project Fukuoka

8

上達するレッスンの受け方とは?