パリ国立高等音楽院

現在オーディション参加申請受付中

2018年11月10日まで

 

パリ国立高等音楽院


♦Le Conservatoire National Supérieurde Musique et de Danse de Paris ♦

世界一の歴史とトップレベルの技術を兼ね備えたフランス国立の芸術育成機関パリ国立高等音楽
かの有名なルイ14世が1669年に王立音楽アカデミーこのスクールは変わり行くフランスの歴史の中でフランス革命の後に市民に音楽の素晴らしさを教える目的で1795年にこの国立音楽学院となりました。
このスクールの歴史と芸術性は今も非常に高く評価されており、世界各国から一流のアーティストやダンサーを目指し日々葛藤する生徒が非常に多く在学しており、バレエスクールの第一線のレベルを肌で感じる事が出来、日々高め合っていける非常に良いスクールです。
広大なキャンパスには1500人近い生徒が在学し400人の講師が指導に当たっています。
学費が掛からず、世界中から入学希望者が後をたたないため、真に性能を認められた生徒にはその才能を限りなく磨ける環境が提供されます。
日本ではのだめカンタービレの主人公が留学した場として広く知られています。
バレエだけに集中出来、ハイレベルな指導と最前線をゆく同士と共にこのパリ高等音楽院で芸術家としてそして最高のバレエダンサーになる為にこのパリ高等音楽院で学ぶのもいいかもしれません。

 
 

入学手順


 
エントリーフォームからエントリー
11月10日まで「2018年度」

オーディションに参加
※参加費86EUR、身分証明書「パスポートのコピー」、証明写真×2,健康診断書、住民票が必要です。
3月6日〜3月15日

入学手続き・入学
9月〜
※入学が決定した場合には「仏語レベルB1」の取得が必要です。
 
 

審査内容


・1次試験
クラシックのクラスオーディション及びセンターレッスンオーディション
・2次試験「一次審査通過者」
1分半以内のVa審査
※1人ずつ審査員の前でレオタードにて審査
※演目は自由、CDを持参
 

留学に必要な費用「参考」


 

学費 無料
寮費・ホームステイ費 月150EUR〜500EUR
給食費 月150EUR
通信費「携帯」 月10EUR〜50EUR
※SIMフリー端末を日本から持って行くのをオススメします
保険料 年間約500UER
交通費 月間約0~150UER
※各自異なります。
食費 月間0〜200EUR
ホームステイ先や寮によって異なりますが、ホームステイの場合は大抵食事が出ます。
その他 月間0〜300EUR
友人と遊んだり何処かへ出掛けたりする時のお金です。
総合必要費用 『月間』
53,000円〜172,000円
『年間』
630,000円〜2,070,000円
※研修生での入学ではプラスに一学期毎に約1,000EURが必要になります。

 

評価「目安」


 

スクールレベル
★★★★
4.2

卒業後の就職率
★★★☆
3,9

施設レベル
★★★☆
3,8

スクール周辺の治安
★★★
3,2

スクール知名度
★★★★
4,3

 

このスクールの公式ホームページはこちら

 

Helvetiaでは現地在住の日本人女性バレエ講師による総合的なサポートしております。
パリ国立高等音楽院へのオーディションへのサポートなども可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
スカイプなどでの相談も可能です。

 

 
 
 
 
 

 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 

Ballet troupe

劇団

その他情報はありません

セミオーダーレオタード

組み合わせは無限大!
セミオーダーメイドはこちら。

  • No.2
  • No.3
  • No.6
  • No.9

RANKINGランキング

1

バレエのケガ・オンライン診断

2

Helvetiaの海外サポート

3

長末春さんから近状報告を頂きました!2019/4/1

4

プロになるダンサーの共通点

5

やせすぎ禁止!ローザンヌ国際バレエコンクール

6

プリマになる1%のダンサーの習慣

7

Youth Dream Support Project/A Project Fukuoka

8

上達するレッスンの受け方とは?