バレエニュース

メンタルから考える上達のヒント

「習慣を変える人」の共通点~ダイエットパラドックス~

[メンタルから考える上達のヒント#3] 外来では、「食事指導・運動指導」もしていました。   「食事と運動が大事」とは、今やどこでも耳にする言葉になりました。   食事と運動。 普段無意識にしていることだからこそ、   変えることがと~っても大変なんです。   でも、外来で患者さんとお話させていただいていると、   習慣を変えることができる人とできない人の違いが、   よーく、よーく、見えてきます。   運動にしても、ダイエットにしても、「変える人」の共通点。   何だと思いますか?   すごく以外かもしれませんが、   「ダイエット」を目標としていると、「ダイエット」できない方が多いんです。   「ダイエット」を目標にしていないと、「ダイエット」の習慣が身に付く方、多いんです。   え~???禅問答???( ;∀;)   「ダイエットパラドックス」と、勝手に名づけました。   例えば、すご~くダイエットの成功率が高い状況って、どんな時だと思いますか?   私の場合、結婚式前はものすごく順調に、「ダイエット」ができました。   なぜかというと?   私の目標は、「ダイエット」ではなく、   「自分史上最高のカラダでドレスを着たい!」だったからです。   もちろん、「ダイエット」が、好きで好きでたまらない!   ダイエットしていることがすご~く楽しい!のであれば、   目標は「ダイエット!」でも成功すると思います。   でも、そうでなければ、 「ダイエット」を目標にして、ダイエットで成功することって、とっても難しいんですね。   実は、多くの人にとって「ダイエット」は 手段であって、目的ではないことがほとんどです。   ダイエットして、どうなりたいのか?   ここは、人によって本当に様々。   「コンクールで入賞したい」のか、 「太ももを2㎝細くして、タイトなパンツをはきたい」のか、 「膝が痛いから全体的に減量したい」のか、   それによって、一口にダイエットといっても、   するべきことは、ごろっと変わってきます。   使い過ぎの筋肉を緩めてキレイなラインを出すのか、 全体の減量をするのか、、、   そして、時によっては「ダイエット」しなくても良いという結論になることも!   例えば「コンクールで入賞したい」という目標があり、 この方が既に、他者目線で「コンクールで問題ないくらいスレンダー」である場合、 するべきことは、「ダイエット」ではなく、もっと他のことかもしれません。   まわりがコンクール前だから「ダイエット」しているし、私も、、、って、   他人軸で「ダイエット」を、なんとなくしなくてはいけないような気がして、 始めてしまっていませんか?   そうして始めたダイエットは、 「○○したい!」という自分自身の思い、目標があいまいなので、   目標を達成するために、何をしたら良いのか分からない。   なんとなく食事の制限をしなくちゃ!と思ってそうしてみるけれど、   「なんとなく、しなくちゃ」と思っているから、ちょっと痩せてみてもあまり達成感がなく、   もっと痩せなくちゃ。でも好きなものを食べないのってしんどいわ!   もう、ダイエットなんて嫌!   という、負のスパイラルに陥ってしまいがち。   「ダイエット」、何のためにしたいですか? ここが具体化すればするほど、 目標がクリアになればなるほど、   するべきことが分かり、   じぶんの「こうしたい!」という思いが明確に意識できるようになり、   ダイエットがスイスイ進むことが多いんです。   あなたの「ダイエット」の目標は、何ですか?   その目標のためにする「ダイエット」は、   具体的に何をしたら達成できそうですか?   数ある「ダイエット情報」に惑わされず、「なりたい自分になる」ためには、   「ダイエット」の結果、どうなりたいのか?   そうなるために、自分の現状に足りないものは何なのか?   その2点を結ぶ軸ができると、   するべきことは自ずとわかってくるはず。   これって実は「ダイエット」だけではなく、「勉強」でも同じこと。   受験勉強がうまくすすむ方法と置き換えて読んでみても、   おもしろいかもしれません。     執筆 ◊女医リーナ◊ ♦日本医師会認定健康スポーツ医 ♦リハビリテーション科専門医 ♦NPO法人vifleur~舞台医療推進機構 理事長 メンタルから考える上達のヒント 記事一覧 #1・上達する人バレエダンサーがサラッとしている事 #2・上達するレッスンの受け方とは? #3・ #4・◯◯しないと、やる気スイッチは入らない? #5・やる気スイッチ、ここにあり!! #6・バレエの道に迷った時 #7・バレエ仲間って、すごいのよ! #8・「しかし」の後こそ、大事です! #9・プロになるダンサーの共通点 #10・病院で、バレエファンが生まれた理由 #11・感動は理論に勝る #12・バレエの世界は美しくもアンフェアである   女医リーナのその他の記事 ・メンタルから考える上達のヒント ・栄養から考える上達のヒント ・ダイエット ・ケガ時のメンタル ・病院選びと、付き合い方 ・リハビリ ・ねんざ ・うおの目 ・爪下出血 ・疲労骨折 ・三角骨障害 ・股関節の痛み ・腰の痛み ・舞台帯同Dr ・コンサルテーション ・メディカルチェック ・バレエ外来 ・バレリーナ医師になる ・ 解剖学から考える上達のヒント ・対談動画集

上達するレッスンの受け方とは?

[メンタルから考える上達のヒント#2] 舞台裏の寒さと そこから眺める客席と 本場前のキリッとした空気感が やっぱり好きだなぁと、 ここに立つと思います。 (舞台から撮影できず、客席から撮りました( ;∀;)) 先週末はセミナー講師をさせていただきました。   最近つくづく思うのが、 「問い」の質が変われば、「得るものが何倍にもかわる」 ということです。 例えば、「私も分かりやすいセミナーを開催したい!」と、1年前の私は思っていました。   その時得られたものは、   セミナーの内容と、「この先生の講義はわかりやすいな!すごいな!」   という感想でした。 でもしばらくして、「内容が分かりやすい講師の話し方って、どんな話し方だろう?」という「問い」を持ってセミナーを受講しはじめると、   「間の使い方が上手だな。抑揚のある話をされるな。パワーポイントもわかりやすいな。」 ということを学びました。   さらに自分でもセミナーを開催させていただくようになると、   「分かりやすい話し方をされる講師は、どれだけ間をおいて、どの文脈で声を大きくするのだろう?パワーポイントの字の大きさは?、、、」という、   より具体的な「問い」をもって観察するようになり、   自分のセミナーも少しずつ変わってきたように思います。 実はこれ、ダンスのレッスンでも同じことかもしれません。 「たくさん脚をあげたい」という思いがある時、 「どうすれば脚が上がるかな?」という 「問い」を持ってレッスンに臨む人、 さらには、「脚があがるためには、どこを柔軟体操で柔らかくして、 どこに力を入れるんだろう?そのためには、どんなストレッチを、どれくらいすれば良いんだろう?」といった具体的な「問い」を持って臨む人、 身につくものの違いは、きっと大きくちがうのだろうな。と思うのです。 昔、舞台前に、 「考えて踊りなさい!」と先生に何度も注意され、 「こんなに、上手くなりたいって思っているのに、なんでそんな事言うの?」 と、悲しく情けなくなったことを思い出します。 「上手くなりたい!」ではなく、 「どこをどうしたら、できるようになるか、具体的な方法を、探してごらん」 先生は、そう教えて下さっていたのではないかなぁと、 受講者さんの質問にお答えしながら、思うのでした。       執筆 ◊女医リーナ◊ ♦日本医師会認定健康スポーツ医 ♦リハビリテーション科専門医 ♦NPO法人vifleur~舞台医療推進機構 理事長 メンタルから考える上達のヒント 記事一覧 #1・上達する人バレエダンサーがサラッとしている事 #2・ #3・「習慣を変える人」の共通点~ダイエットパラドックス~ #4・◯◯しないと、やる気スイッチは入らない? #5・やる気スイッチ、ここにあり!! #6・バレエの道に迷った時 #7・バレエ仲間って、すごいのよ! #8・「しかし」の後こそ、大事です! #9・プロになるダンサーの共通点 #10・病院で、バレエファンが生まれた理由 #11・感動は理論に勝る #12・バレエの世界は美しくもアンフェアである   女医リーナのその他の記事 ・メンタルから考える上達のヒント ・栄養から考える上達のヒント ・ダイエット ・ケガ時のメンタル ・病院選びと、付き合い方 ・リハビリ ・ねんざ ・うおの目 ・爪下出血 ・疲労骨折 ・三角骨障害 ・股関節の痛み ・腰の痛み ・舞台帯同Dr ・コンサルテーション ・メディカルチェック ・バレエ外来 ・バレリーナ医師になる ・ 解剖学から考える上達のヒント ・対談動画集

上達する人バレエダンサーがサラッとしている事

上達する人がサラッとしていること [メンタルから考える上達のヒント#1] 一昨日、バレエ・ダンサーに関する打ち合わせをしていました。 「踊ることが大好きなら、ケガで諦めることなく、痛くて踊りを嫌いになることなく、だから上達できないと悲しくなることなく、ずーっと躍り続けてほしい」 分野は違えど、同じ思いを持つ方との時間は、本当にパワーをいただけます。 そして、それぞれの技術と経験が混ざり合うことで、あ!そんな方法!そこなんだ! 気づきと新たな方向性が見えてきて、次の一歩をどう踏み出すか? クリアになってくる感じが心地よいです。 出会えたこと、同じお時間を共有させていただいたこと、とってもありがたいです*・゜゚・*:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. ・* 昔、バレエで伸び悩んだ時期にできていなかったことがありました。     それは、 やってみること。 何を? というと、 レッスンでいただいた注意を、です。 「へー、そうなんだ。」 「ここを使えばいいんだ」 「なるほど、分かりやすい!」 頭で理解して、満足して、終了。 「私、頑張った」満足感はありました。 でも、なかなか上達しないんですね。 同じ頃、子供のクラスのアシスタントをするようになり、気づくことがありました。 上手くなる子は、 その場で直す。すぐに直す。ずっと直す。 これ、先生に促されて直すのではなく、 すぐに自分から直すんですね。 そんな子は、はじめはヘタッピでも、本当にぐんぐん伸びていく。 でもこれは、バレエに限ったことではなかったんです。 研修医を指導するようになり、変えてみたら?とアドバイスした結果、ちょっと違っていても、変えてくる子は、すぐに伸びる。 「これは絶対に覚えて!」 覚えられなくても、覚える行動をした子はひとり立ちが早い。 「すれば良いと知っていること」と 「すれば良い事をすること」って、 雲泥の差なんだなぁと、子供達や後輩達を見ていて実感します。 まずは、「行動すること」をやってみなくては!ということで、打ち合わせででてきたアイディアや課題達は、今日から行動に転換です(o^^o) 動くから見える景色、分かることがあるんですね。 そんな景色を想像しながら動いていくのは本当に楽しい(^∇^) みなさんも、このブログで「あ、これ使えるかも!」と思っていただけるものがもしあれば、是非「やってみて」、みなさんの上達のための材料にしちゃって下さいね^ ^ オンラインでダンサーのケガやダイエットなどのサポートをしています。 詳しくはこちら   執筆 ◊女医リーナ◊ ♦日本医師会認定健康スポーツ医 ♦リハビリテーション科専門医 ♦NPO法人vifleur~舞台医療推進機構 理事長 メンタルから考える上達のヒント 記事一覧 #1・ #2・上達するレッスンの受け方とは? #3・「習慣を変える人」の共通点~ダイエットパラドックス~ #4・◯◯しないと、やる気スイッチは入らない? #5・やる気スイッチ、ここにあり!! #6・バレエの道に迷った時 #7・バレエ仲間って、すごいのよ! #8・「しかし」の後こそ、大事です! #9・プロになるダンサーの共通点 #10・病院で、バレエファンが生まれた理由 #11・感動は理論に勝る #12・バレエの世界は美しくもアンフェアである   女医リーナのその他の記事 ・メンタルから考える上達のヒント ・栄養から考える上達のヒント ・ダイエット ・ケガ時のメンタル ・病院選びと、付き合い方 ・リハビリ ・ねんざ ・うおの目 ・爪下出血 ・疲労骨折 ・三角骨障害 ・股関節の痛み ・腰の痛み ・舞台帯同Dr ・コンサルテーション ・メディカルチェック ・バレエ外来 ・バレリーナ医師になる ・解剖学から考える上達のヒント ・対談動画集

セミオーダーレオタード

組み合わせは無限大!
セミオーダーメイドはこちら。

  • No.2
  • No.3
  • No.6
  • No.9

RANKINGランキング

1

バレエのケガ・オンライン診断

2

Helvetiaの海外サポート

3

長末春さんから近状報告を頂きました!2019/4/1

4

プロになるダンサーの共通点

5

やせすぎ禁止!ローザンヌ国際バレエコンクール

6

プリマになる1%のダンサーの習慣

7

Youth Dream Support Project/A Project Fukuoka

8

上達するレッスンの受け方とは?