バレエニュース

股関節の痛み

股関節に負担をかけたくない時は?

      股関節が痛む時、 せめてバレエの時以外は、 ゆっくりと休ませてあげたいものです。   股関節には、普段どれくらいの負担がかかっていると思いますか?   実は、股関節には、 両足で立つと、体重の3分の1。 片足で立つと、体重の3倍もの負担がかかると言われています。   では、股関節に「重さ」 という負担をかけたくない時、 寝ている姿勢と、座っている姿勢。 どちらが良いと思いますか?   実は、 仰向けに寝ていると、体重の半分。   座っていると、体重の13パーセントの負担がかかるんです。   実は、座っている姿勢の方が、 股関節にとってはラクなのです。   股関節の休憩は、イスの上で!   とは言っても、 夜は寝なくてはいけませんよね。 そんな時はどうしましょう?   股関節に優しい休み方は、 股関節に負担をかけない姿勢② で、お伝えいたします。   (注:股関節を曲げてはいけないと言われた方、曲げると痛みがある方は、止めて下さいね!)         執筆 ◊女医リーナ◊ ♦日本医師会認定健康スポーツ医 ♦リハビリテーション科専門医 ♦NPO法人vifleur~舞台医療推進機構 理事長 女医リーナのその他の記事 ・メンタルから考える上達のヒント ・栄養から考える上達のヒント ・ダイエット ・ケガ時のメンタル ・病院選びと、付き合い方 ・リハビリ ・ねんざ ・うおの目 ・爪下出血 ・疲労骨折 ・三角骨障害 ・股関節の痛み ・腰の痛み ・舞台帯同Dr ・コンサルテーション ・メディカルチェック ・バレエ外来 ・バレリーナ医師になる ・ 解剖学から考える上達のヒント ・対談動画集    

セミオーダーレオタード

組み合わせは無限大!
セミオーダーメイドはこちら。

  • No.2
  • No.3
  • No.6
  • No.9

RANKINGランキング

1

バレエのケガ・オンライン診断

2

Helvetiaの海外サポート

3

長末春さんから近状報告を頂きました!2019/4/1

4

プロになるダンサーの共通点

5

やせすぎ禁止!ローザンヌ国際バレエコンクール

6

プリマになる1%のダンサーの習慣

7

Youth Dream Support Project/A Project Fukuoka

8

上達するレッスンの受け方とは?